ご入居について

医療依存度の高い方のニーズにお応えします。

末期がんや難病など、医療処置が必要で、介護老人福祉施設や有料老人ホームなどの施設では受け入れが難しい医療依存度の高い方の受け入れを行います。

連携先の訪問看護事業所から看護師が対応、緊急時の対応や緩和ケア(ホスピスケア)などを含め、医療的ケアが必要な方のニーズにお応えします。

介護

がん終末期のターミナルケア対応

要支援・要介護の方で末期の悪性腫瘍(がん)の方を積極的に受け入れております。

訪問診療医や近隣の医療機関と連携しながら、最後のお看取りまで含め、看護・介護による緩和ケアを提供します。

人生の最後を、ご本人・ご家族・親しい方々が望む形で迎えるためのターミナルケア。それを提供するために必要な看護・介護スタッフや医療環境を備えているのがホスピス型有料老人ホームの特徴です。

ご入居者様それぞれが、最後の瞬間まで自分らしく生きることができるようお手伝いいたします。

 

ターミナルケアイメージ

ご入居可能な対象者様

原則として要支援・要介護の方で末期の悪性腫瘍(がん)
その他厚生労働大臣が定める特定疾病の方(第1号被保険者・第2号被保険者)
障がい者総合支援法の対象となる難病の方、
入退院を繰り返している方や、
ご自宅で看病するのが難しく、お困りの方はご相談ください。

  1. 末期の悪性腫瘍
  2. 多発性硬化症
  3. 重症筋無力症
  4. スモン
  5. 筋萎縮性側索硬化症
  6. 脊髄小脳変性症
  7. ハンチントン病
  8. 進行性筋ジストロフィー症
  9. パーキンソン病関連疾患
    (進行性核上性麻痺 大脳皮質基底核変性症 及び パーキンソン病)
    ※パーキンソン病は、ホーエン・ヤールの重症度分類がステージ3以上であって生活機能障害度がII度又はIII度のものに限ります)
  10. 多系統萎縮症
    (線条体黒質変性症、オリーブ橋小脳萎縮症及びシャイ・ドレーガー症候群)
  11. プリオン病
  12. 亜急性硬化性全脳炎
  13. ライソゾーム病
  14. 副腎白質ジストロフィー
  15. 脊髄性筋萎縮症
  16. 球脊髄性筋萎縮症
  17. 慢性炎症性脱髄性多発神経炎
  18. 後天性免疫不全症候群
  19. 頸髄損傷
  20. 人工呼吸器を使用している状態
  21. 気管切開

対応可能な医療処置・ケア

在宅酸素

人工呼吸器

気管切開

中心静脈栄養

静脈点滴

皮下点滴

輸血

経管栄養
胃ろう・経鼻経管・腸ろう

血糖チェック・インスリン注射

人工肛門・腎ろう・膀胱ろう・小腸ろう

膀胱留置カテーテル
導尿

褥瘡
創傷処置

腹水・胸水ドレナージ

麻薬管理・疼痛管理

感染症への対処

認知症

※医療処置は入居可能な対象者様であれば、原則すべて受け入れ可能となります

ご入居までの流れ

お問い合わせ

TEL:
0467-55-5792

FAX:
0467-55-5793

24時間365日
対応連絡先
080-7462-3501

相談窓⼝に電話でお問合せください。
施設環境や⽣活の様⼦、医療対応・医療連携などパンフレットでは判らないことをご説明いたします。
また⾒学予約も承ります。

ご見学

館内をご⾒学いただきます。
ご⾒学の際、パンフレットや重要事項説明書をもとに施設利⽤についてご説明いたします。
また現在お困りのことなどを確認させていただきます。

 

お申し込み

所定の書式に記入の上、ご提出お願い致します。
郵送でもお受け致しております。

 

事前面談

施設管理者や看護師がご本⼈様やご家族様と⾯談を⾏います。
病院に⼊院している場合は病院へ伺わせていただきます。
⼼⾝のご状態などを確認させていただき、その後ご⼊居可否のご連絡を差し上げます。

 

契約

住宅型有料老人ホームとの契約の他、利⽤する事業所(訪問診療・訪問看護・訪問介護・薬局他)と個別に契約を結んでいただきます。
指定医療費(指定難病)受給者証をお持ちの場合、指定医療機関にクリニック・薬局・訪問看護を⼊居⽇までに⼊れてもらうよう⾏政(保健所)へご依頼ください。

 

入居申し込みフォーム